金孝妍展 「痕跡の進行相」

皆様こんにちは。 展示が少し空きましたが、明日4月19日より金孝妍(キム ヒョヨン)展「痕跡の進行相」が始まります。

金孝妍さんは韓国に生まれ父親の仕事の関係で幼少期をヨーロッパ、アメリカ等で過ごされ、中学・高校は名古屋のインターナショナルスクールを卒業、韓国の弘益大学・大学院修了後、倉敷芸術科学大学大学院 芸術制作表現専攻博士後期課程修了し、現在は倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン芸術学科 非常勤講師をされています。(岡山在住)

「痕跡の進行相」とは、下に作家の言葉を記しておきます。

絵画は痕跡である。

痕跡は動かないものであるが

見る人により変化

もしくは

思考に働きかけることで

相互作用し続ける。

自然法則や

環境

全ては関係し

ものが溢れ続ける分

見失うものも

増え続ける。

まずは

大きくて

遠いことより

私が触れるものから

形を成していく。

金孝妍

 

展示画像を少しアップします。

第10回岡山新進美術家育成「I氏賞」奨励賞受賞など注目の美術家、金孝妍の展覧会「痕跡の進行相」この機会に是非ご観覧の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

                                                   

 

矢野仁美  Heart trip 展

こんにちは、少しずつ春の訪れを感じられる日が多くなったような気がしますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ギャラリーでは下記の日程で矢野仁美 Heart trip展を開催します。

日時 2019.3.26(火)~3.31(日) 10:00~18:00(最終日16:00)

作家の矢野仁美さんは大阪出身で現在は倉敷在住のパステル画を中心に創作活動をされている方です。

今回の展覧会は昨年7月の豪雨で被害に遭われた方々に少しでも元気を出して頂けたらという気持ちを含めて描いたパステル画26点の展示になります。

みなさまハートの旅はいかがでしょうか?ご観覧の程よろしくお願い申し上げます。

カエルの王様?

古山コスミ写真展 不可分な領域

古山コスミ写真展 不可分な領域

会期 2019.3.8(金)~3.17(日)

時間 10:00~18:00(最終日16:00まで)3/11(月)休廊

皆様こんにちは、本日より写真家・古山コスミさんの個展「不可分な領域」が始まりました。

今回は昨年撮影されたキューバ、メキシコをはじめ世界を旅する写真家ならではの作品に加え、ラッピングテープを使ったインスタレーション、映像作品、写真とバッグをミックスした立体作品などの展示になります。

百聞は一見に如かず、ぜひ皆様ご高覧の程よろしくお願い申し上ます。

表現は屋外にも!

 

李 先鍾 展「流れ」

皆様こんにちは、明日より今週開催している韓国人作家達による展覧会の第2部が始まります。

第2部はグループの代表で、韓国(ソウル)弘益大学(文化院)教授の李 先鍾(イ ソンゾン)先生の個展になります。

李先鍾さんが描く抽象画は、作家独自の画法で描かれた不思議な世界です。

是非この機会にご高覧の程よろしくお願い申し上ます。

展示画像を少しアップします。

作品部分

散策:in kurashiki 7人展

皆様こんにちは、今日より韓国の画家7人のグループ展「散策 」が始まりました。

この展覧会は画家、李 先鍾(イソンゾン)先生の下で学んだ6人に李先生を加えた7名による展覧会です。

第1回展は香港で開催され、第2回展は倉敷での開催となりました。

皆さん個性的でそれぞれの表現をされてるように思います。

是非この機会にご高覧の程よろしくお願い申し上ます。

*この展覧会は3月1日より李 先鍾 展「流れ」に展示替えする2部構成の展覧会になっております。(くれぐれもお間違いなさらないようお願い致します。)

 

 

吉村 勲 展 ー調べー

吉村 勲 展 ―調べ―

会期 2019.2.9(土)~2.17(日) 会期中無休

時間 10:00~18:00(最終日16:00)

皆様こんにちは、2月9日から始まる吉村勲展のご案内をさせて頂きます。

吉村さんは児島で心療内科・精神科を開業されている医師で、診療の中で感じた心の動きを油絵で表現した抽象絵画を描いています。

2回目の個展となる本展では前回のタイトル―感―から今回は―調べ―へと変わり作家の中でどの様な変化があったのか、どの様に表現されているのかに注目していただきたいと思います。

最大150号を含む他32点のエネルギーに溢れた作品群を是非ご高覧の程よろしくお願い申し上げます。 

展示画像を少しアップします。

18`調べ(レッド)Ⅱ F20 油彩

 

 

 

 

 

アートプロムナード 2019

こんにちは、ブログの更新が遅れましたが昨日よりアートプロムナード2019が始まっております。

「アートの散歩道」と名付けた展覧会で、今回は、昨年ギャラリーで展示して頂いた作家の作品と初めて展示下さる2名の版画家、合わせて10名の展示で絵画・版画・切り絵・陶器で約45点の展示となります。

*アートプロムナード2019

 会期 2019.1.25(金)~2.3(日)

 時間 10:00~18:00(最終日16時まで)

<出品者>

関崎哲 佐藤孝洋 椿苑 村上暁 伊達もくらん 小林華衣 辻(切り絵)

内田祥平(銅版画)垣内真希子(銅版画)田邉明架里(陶器)

寒い気候の毎日ですが、お散歩がてら是非暖かいギャラリーへ遊びに来てください。

皆様のお越しをお待ちしております。

今回初めて出品して頂いた内田祥平さんの銅版画作品です。

内田さんは以前フランス・パリの版画工房でアシスタントを経験されており、現在は倉敷で阿知版画工房の主をされております。

また、版画教室も開催されているのでご興味ありましたらお問い合わせください。

垣内真希子さんの銅版画作品です。

垣内さんは大阪出身で大阪芸術大学を卒業後パリの版画工房で学ばれました、内田さんとは同門になります。

お二人は去年より活動拠点を倉敷に移されました。

是非この機会にお二人の作品ご高覧の程よろしくお願い申し上げます。

 

浮森夕菜・吉尾梨加 二人展 記憶のカケラ

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

新年最初の展覧会は女流画家と女流彫刻家による二人展「記憶のカケラ」でスタートします。

二人は2015年の企画展アートの交差展Vol 4 「ヒカリノミチ」に参加して頂いた四人の作家さんの内の二人です。(他は、吉田彩花さんと横山瑞歩さん)

今回は吉尾梨加(絵画)と浮森夕菜(彫刻)の二人にヒカリを当て、二人で考えた「記憶のカケラ」を表題にその後の創作活動を展示します。

少しですが展示画像をご覧ください。

吉尾梨加 あのとき 2018 F50 キャンバス・油彩

第69回岡山県美術展覧会 山陽新聞社賞受賞作品

 

浮森夕菜 夜へ流れる 2018 石膏 平成30年日展入選作品

この他にもテラコッタや乾漆など多数の作品を展示しております。

 

作家の在廊日は下記の予定になっております。

浮森夕菜 11日(金)12日(土)14日(月祝)17日(木)19日(土)20(日)

吉尾梨加 16日(10時~16時)19日(11時~14時)20日(12時~16時)

是非この機会に二人の軌跡をご高覧の程よろしくお願い申し上ます。

*15日(火)は振替休日とさせて頂きます。

年末年始の休廊のお知らせ

皆様こんにちは、今年も残すところ数日になりましたがいかがお過ごしでしょうか?

ギャラリー倉敷では、年末年始の12月28日~1月10日までお休みさせて頂きます。

新年の展覧会は、1月11日より始まる 浮森夕菜・吉尾梨加 二人展「記憶のカケラ」でスタートします。

今年も大変お世話になり誠にありがとうございました、来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

皆様におかれましてもお体に気をつけてよいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

INFORMAL ~選ばれし5人~

INFORMAL ~選ばれし5人~ 

会期 12.14(金)~23(日) 17(月)休廊  10:00~18:00(最終日は16:00)

こんにちは、今年最後の展覧会が明日より始まります。

出品者・佐藤孝洋(白日会) 松村浩之(独立美術協会) 柚山宏光(二紀会)

    池田誠史(一水会) 椿苑(白日会)

展覧会タイトルのINFORMALは所属団体が異なる5人の画家が団体の枠を超えて集まったという事で、団体(公式)に対して非公式という意味です。(佐藤さん、椿苑さんは同じ白日会所属です)

では、展示作品画像を少しアップします。

5人の画家達による絵画表現を是非ご鑑覧の程よろしくお願い申し上げます。