金孝妍展 「痕跡の進行相」

皆様こんにちは。 展示が少し空きましたが、明日4月19日より金孝妍(キム ヒョヨン)展「痕跡の進行相」が始まります。

金孝妍さんは韓国に生まれ父親の仕事の関係で幼少期をヨーロッパ、アメリカ等で過ごされ、中学・高校は名古屋のインターナショナルスクールを卒業、韓国の弘益大学・大学院修了後、倉敷芸術科学大学大学院 芸術制作表現専攻博士後期課程修了し、現在は倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン芸術学科 非常勤講師をされています。(岡山在住)

「痕跡の進行相」とは、下に作家の言葉を記しておきます。

絵画は痕跡である。

痕跡は動かないものであるが

見る人により変化

もしくは

思考に働きかけることで

相互作用し続ける。

自然法則や

環境

全ては関係し

ものが溢れ続ける分

見失うものも

増え続ける。

まずは

大きくて

遠いことより

私が触れるものから

形を成していく。

金孝妍

 

展示画像を少しアップします。

第10回岡山新進美術家育成「I氏賞」奨励賞受賞など注目の美術家、金孝妍の展覧会「痕跡の進行相」この機会に是非ご観覧の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

                                                   

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA