アートの交差展 Vol.7-3 personality-

まだまだ暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日よりギャラリー倉敷では「アートでふらっと倉敷」参加企画の第二弾・アートの交差展Vol.7が始まりました。

サブタイトルは-3personaritey-個性的な作家達の展示です!

アートの交差展Vol.7 -3 personality-

会期  2019.8.23(金)~9.1(日)

時間  10:00~18:00(最終日は16時まで)

出品作家 岡部玄 梶浦徳雄 瀬辺佳子

画像と共に少し紹介していきます。

瀬辺佳子 月のうさぎ 樹脂石膏 アクリル絵の具 松煙

瀬辺さんは千葉県在住で新制作協会所属の彫刻家、彼女独自のデフォルメされた彫刻達は今にも動きだしそうです。

岡部玄 枯朽図鑑 「耕到天図Ⅰ」 流木

岡部玄さんは岡山の流木造形作家、(代表作・天神ナマズ等)今回は平面(絵画的構成)を意識した作品を中心に発表しています。

梶浦徳雄 ma-空間の構造-2019

梶浦さんは岡山県出身で東京芸大デザイン科を卒業後オーストリアのウィーンに30年間滞在され近年帰国されました。 

今回の展示では立体・平面で非常に空間を意識した作品を出品しています。

瀬辺さんと岡部さんの作品群

3作家の作品達

個性的な3名の作家による共演を是非この機会にご高覧の程よろしくお願い申し上げます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA